木造耐震設計

               |  | 0

 

こんにちは。

毎日とけるような暑い日が続きますね。

 

日本家屋は木造が多い理由の一つとして、木の断熱性がコンクリート等よりも高いことが上げられます。

外気から内部に熱を伝えにくい素材なのです。

なので、夏は涼しくて、冬は暖かさを保ちやすい性質を持っています。

さらに、昔から日本家屋は屋根の軒により日射を有効に取り入れたり、風通しを考慮して窓を設けることにより、

より日本の季節に合った住宅とされています。

 

先日、古民家木造住宅の耐震補強の依頼を受け、現地を調査してきました。

昭和56年以前の住宅です。

内壁は土壁、柱は表しで、現状も綺麗な状態です。

床下や天井裏の目に見えない部分の構造はどうなのか?

基礎はどうなのか?

など、診断の結果、耐力壁を増やしたり、構造金物を増やしたり、水平構面の補強をしたりと

耐震補強の工事を進めていきます。

 

やはり、日本家屋は落ち着きがあり、気持ちの良い感じがします。

古き良き物を残していくためにも、木造耐震補強工事をすることにより、

強くて長持ちする愛される住宅でいて欲しいです。

 

スーパーモンキープロジェクトでは木造補強耐震診断も行なっております。

築年数が経ってきたお家のご相談も承ります。

お気軽にご相談ください。

 

つつみん

 

******************************************

★事前予約制にて店舗・店舗付き住宅・住宅・リフォームの無料相談を開催しております★
■お店づくり■お家づくり■リノベ・セルフリノベ■土地探し■資金計画
■施工■計画の進め方などお気軽にお問い合わせください。
☆詳しくはHPをご覧ください。

www.super-monkey.co.jp
~みなさまとステキなご縁で結ばれますように~

**************************************